2010-03-07

余暇の買い物は価値観

他人の買い物を見て無駄遣いに見えても、当人にとってはやっとの買い物かも知れない。他人の時間の使い方が無駄に見えても当人にとっては有意義な時間かもしれない。すべてはその人の価値観であって、その価値観に優劣とか順位とかをつけるのはナンセンスであることは大人であれば十分に理解しているはずです。

親しくない人間はその価値観について攻撃するか、無視するかのどちらかで対応するでしょう。友人というのはその価値観を理解できるというよりも、自分にはそぐわないと思っているその価値観について否定するのではなく、関心を持ちながらもすらりとスルーできる人なのかもしれません。
コメントを投稿

zenback