2007-06-03

『カラ売り屋』  黒木亮




短編集だけに、『トップレフト』や『巨大投資銀行』みたいなハラハラ感はあまりなく、淡々と進んでいく話だけど、割と自分には身近に感じる話もあって面白かった。


この手の本は帰りの通勤電車で疲れていても読めるからいい。
コメントを投稿

zenback