2013-09-06

うなぎで有名な関市でうな丼を食べてきました 「うなぎの名代 辻屋」

うなぎが有名な土地。愛知県の瀬戸市、岐阜県の関市、静岡県の浜松市、三重県の津市。うなぎの稚魚「しらすうなぎ」は愛知県西尾市(旧:一色町)が有名。

そのうちの1つ、岐阜県関市でうなぎを食べてきました。関市のうなぎ屋さんは2店舗めです。今回お邪魔したのはこちらのお店。


うなぎの名代 辻屋

うなぎは裁いて串をさして焼きますが、ここは「切ってから焼く」のが特徴だそう。身も皮もパリッと感があって僕のお好み。たれも甘めで下のご飯までしっかりしみ込むほど書けられています。うなぎを早く食べ過ぎてしまっても、ご飯だけでうな丼が楽しめそう。

お店の中には観賞用のうなぎが泳いでいます。細長いお店でおくのお座敷席はとても趣のある作りです。


何で関でうなぎが有名なの?

関市は刃物でしられる街で、昔からの鍛冶屋が多かった土地です。鍛冶屋は火を使いますから夏場の鍛冶はよく汗をかいて体力が落ちることから、「うなぎでも食べて精をつけよう」ということでうなぎが有名なようです。

ちなみに愛知県の瀬戸市は陶器の街で、土を手でこねると手の脂が土にとられること、こちらも窯場で火を使うことから、うなぎでを食べて精をつけようということでうなぎ屋が多いといわれています。


週末に食して

土曜日にうなぎを食べて、その翌週はつらかったものの、心なしか踏ん張れたような気がします。さすがに1週間が終わった今日(金曜日)は元気にかげりが出始めてはいますが・・・。
9月に入って1週間。暑さ寒さも彼岸までといいますが、このうなぎで暑い時期を乗り切れたらいいですね。


参考サイト

関市を訪れるときにはこちらのサイトが参考になります。
ときめき きらめき いきいき せきし たびものがたり in 関

が参考になります。関鍛冶伝承館の案内など、刃物の街の観光名所の案内がいっぱいです。

うなぎ情報はこちらにいっぱいです。
関市のうな丼をご紹介 関 うな丼


うなぎの名代 辻屋
関市本町5−14(Google map)
電話:0575−22−0220



コメントを投稿

zenback