2008-10-30

『ここ一番、決断ができる人 できない人』  弘兼憲史



その時なにを捨てるか。

やっぱり何かを得るときは何かを捨てて身軽にならないと、次のことが始まらない。

やりたいことがたくさんありすぎて、どれから手をつけていいのかわからなくなることも間々ある。

何かの本には「やらないことリスト」を作ることが書いてあったが、何も一生やらなくするわけではないのだから、今やるかやらないかははっきりさせて、やらないことを明確にした方がやることに力が入ってくるだろう。

「何をしたいか明確に語る男になれ」。独りよがりの武勇伝になってはいけないが、目標は胸を張って語れるようになりたい。

「自腹を切る事になれないのが幼稚な男だ」。納得。


この本でずっと言っている「反常識的な生き方」というのも、非常識に生きるとは違う。視点を変えてみるということだろう。



必要以上に気負っていても仕方がない。
コメントを投稿

zenback